FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきた。

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」と言う催し物(?)に行ってきた。

簡単に言うと7~8人ぐらいの小グループで
真っ暗闇の会場の中を歩いたり飲み物を飲んだりイベントをこなしたりするんだけど
これがすごく面白いというか新鮮な経験ができた。

暗闇の中、視覚障がい者でもあるアテンドさんの声と白い杖を頼りに歩くのだけれども
明るい世界では視覚にばかり頼ってしまいがちだけれども
実は音や匂い、足裏から伝わる感触や果てはそこに流れる空気にも
本当にものすごい密度の情報を受け取っていたのだということが実感できた。

それから他の参加者さんに方角などを知らせる時
暗闇で相手がどの方向を向いているのかが全然わからないから
普段当たり前のように使っている「右」とか「左」って言葉の無力感が半端なかったっすよ。

どうやったら相手に正確に伝えられるか
そのために相手の立場に立って物事を考え、言葉にするというのは
本当ならば当たり前にできなければいけないのですが
日常の中で果たして自分はできているのか、考えさせられました。

当たり前が当たり前じゃなくなる経験と言うのは
普段の生活ではなかなか体験できないことなので
明るい世界に戻った時にちょっと世界が広がったような気になれました。


それから私がこの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」で何より気に入ったのは
イベントを通して伝えようとしていることはとてもとても大きな大事なことなのに
敷居がすごく低くて誰でも気軽に参加できるようになさっているのがすごく好感触でした。

私はどっちかと言うと頭でっかちな人間で
知識として得ただけで分かったような顔をしてしまうことが間々あるのですが

やはり自分で体験することの強さと言うのを強烈に思い知らされた一日でした。


ダイアログ・イン・ザ・ダーク公式ホームページ
http://www.dialoginthedark.com/



おまけ
今回は新年バージョンと言うことで暗闇の中で書初めをしました。
↓は私の作品。

sin

今年の目標を漢字一文字で書いてくださいということだったので
私が書いたのは「真」うそいつわりなく、正直に生きていこうと思います。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。